【体験談】1レッスン209円 現役医師の僕が考えるDMM英会話の4つのメリット

英会話

どうも〜、おそポテです♪

英語話せる人、かっこいいですよね。

 

 

Writer

Dr. おそうじポテト(おそポテ)

 

経歴

一般家庭に生まれ育ち、

ストレートで国立大学医学部へ

現在内科医10年目

キャッチコピー

医師の目線で見た「本当に良いモノ」

このブログを読んでくれる方へ

僕の実体験を交えつつ、世の中の商品やサービスを紹介しています。

生きづらい世の中、少しでも賢く快適に生きるための「ヒント」をお届けできればと思います♪

僕もかつて、英語ペラペラの医師に憧れました。

海外学会や英語論文の執筆など、
医師は英語を扱う機会が多いです。

僕たち医師に限らず、日本中で英会話スキル向上の必要性が取り沙汰されている昨今。

「英会話教室に通いたいな・・・

でも、教室に通うと時間もお金も驚くほどかかるし、なんだか勿体ないな・・・」

そう思っているうちに、時間だけが過ぎていってしまっている方、多いのではないでしょうか。

かつての僕がそうでした。
高級英会話教室の体験レッスンに申し込んだはいいものの、月謝を見てビックリ。ましてや仕事が忙しく、決められた時間にスクールに通うことなど到底無理

お金もそんなに持ってないし、ましてや自由に習い事にいける時間もない。

英会話なんて一生無理なのかな・・・

そう思っては落ち込んでいました。

でも、ある日オンライン英会話であるDMM英会話に出会って、そんな憂鬱は吹き飛んでしまいました。

DMM英会話に入会したおかげで、数カ月間無理なく英会話レッスンを続けることができ、英会話アレルギーを無事に克服することができました。目標だった海外学会での発表もそつなくこなせるまでになりました。

この記事では僕の実体験を元に、DMM英会話の素晴らしさをお伝えしていきます。

メリットだけでなく、入会する前に抱えていた不安についてもしっかり書いていこうと思うので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

現役医師の僕が考えるDMM英会話の4つのメリット

まず、DMM英会話の「メリットは何か」を明確にしていきます。

箇条書きにすると、

  1. 圧倒的に安い
  2. 好きな時間に受講できる
  3. レッスン時間が長すぎない
  4. 神システム 無料体験レッスン×2

この4つに集約されます。

1つずつ詳しく解説していきますね♪

圧倒的に安い

対面型の英会話教室に比べて値段が段違いに安いです。

レッスンは全てオンラインで行われるため、教室などの場所代もかからないし、事務員さんなどの人件費も比較的安くて済むからではないかと推測されます。

月額は実に6480円

しかも、月に何日でもレッスン可能。
毎日レッスンをうけたとしたら、

1レッスンあたり209円

毎日のコンビニのスイーツを我慢するだけで届きそうな破格の値段です。

好きな時間に受けられる

24時間いつでも、自分の好きなときにレッスンを受けられます

僕は仕事が遅く終わっても大丈夫なように、毎回22時〜23時開始を目安にレッスンの予約を取っていました。どの時間帯でも、対応可能な講師がたくさんいて、時間が合わずにレッスンを受けられないということはありませんでした。

レッスン時間が長すぎない

1レッスンの時間は25分です。
この25分というのは、真剣に英語を話していると少し短く感じる時間です。でも、僕はその短さがメリットだと思っています。

長すぎて集中力が途中で切れてしまうことがないからです。

僕自身、「短い時間で少しでも多くのことを吸収してやろう」という意識が芽生え、一回一回のレッスンをより実りのあるものにすることができました。

神システム 無料体験レッスン×2

なんと、今なら無料で体験レッスンを受けることができます。しかも、2回。

体験レッスンを2回やれば、実際の雰囲気は十分わかります。それであまり自分に合っていないと感じたら、入会は見送っていいと思います。他にもオンラインの英会話教室はたくさんありますしね♪
裏を返せば、これは「一度体験したら、絶対気に入って貰えるだろう」というDMMの自信の顕れとも見てとれますね。
ちなみに、体験レッスンの後3日以内に入会したら、初月の授業料が半額になりますのでこちらも活用してみてください。

僕がDMM英会話を始める前に抱いていた不安

いまでこそ、こうして胸を張っておすすめしているDMM英会話ですが、始める前はもちろん皆さんと同じように不安がありました

その不安を箇条書きにしてみました。

  1. 安かろう悪かろうにならないか?
  2. ネイティブ以外の人に教わってほんとに大丈夫?
  3. 続かなかったらどうしよう・・・

DMM英会話に関わらず、英会話を習うに当たって多くの人が抱く不安ではないでしょうか。

結論から言うと、「すべて大丈夫!」の一言に尽きます。

その理由を説明していきます。

安かろう悪かろうにならないか?

あらゆる商品に共通するとおもいますが、安いと嬉しい!・・・けど、安すぎると不安ですよね?

安い分、どこかで手を抜かれているのではないか?

と勘ぐりたくなるのは当然だと思います。しかし、DMM英会話をはじめとするオンライン英会話の月謝が対面型の英会話教室に比べて安いのは、教室の場所代や人件費が抑えられているからです。

教材の質は申し分無いですし、講師もDMMが選りすぐった講師ばかりなので安心です。日本人に英語を教えてあげようという外国人の方は、日本に愛着をもっている方が多く、そういう方たちは得てして丁寧に優しく教えてくれます。

自分が好きな国の人を邪険に扱おうとは思わないですよね?

レッスン後、受講者が講師を評価するシステムも採用しているので、態度が悪かったりレッスンの質が低い講師は淘汰される仕組みになっています。また、評価の高い講師順にソートをかけることもできます。

ネイティブ以外の人に教わってほんとに大丈夫?

DMM英会話でネイティブ(アメリカ、イギリス、オーストラリアなど英語が第一言語の国の人々)に教わるためには料金の上乗せが必要です。

僕は基本の料金プランから一切課金はしていません。

ネイティブの人にわざわざ教わる必要がないと感じていたからです。

もちろんネイティブは、訛の少ないきれいな英語で話す人が多いです。

しかし、

今や英語は世界共通言語です。

英語を話す人は世界に約15億人いると言われています。その中で、英語を第一言語としている人は全体の25%程度で、残りの75%は第二言語として英語を話しているそうです。

つまり、

英語を話す人は、ネイティブ以外の方が圧倒的に多いのです。

また、海外旅行で英語圏の国以外の国に行くことも多々あると思います。

そんな時、各国の訛りに対応できる英会話スキルがあると旅先で不安な思いをすることも減りますし、旅行が一層楽しくなりますよね。

続かなかったらどうしよう・・・

「もし途中で辞めてしまったら、それまで払ったお金が勿体ない。」

習い事全般に言えることですね。

僕も当初はこれを言い訳にして、なかなか最初の一歩が踏み出せませんでした。

もちろん、思っていたのと違うかったり、生活や仕事の状況が変わって続けられなくなることもあると思います。しかし、月々何万円も払って通う英会話教室と違い、

DMM英会話の月謝は圧倒的に安いので、続かなかったときのリスクが低いと言えます。

リスクを最小限に抑えて、高いリターンをゲットできたら最高ですよね。

DMM英会話を続けた結果どうなったか

「毎日レッスンを受けて、絶対に元を取る!」

そう意気込んでいた僕でしたが、

仕事が忙しくて疲れてしまったり、当直の日も多いので、実際は毎日レッスンを受けるというわけには行きませんでした。

アベレージで週2〜3日くらい、毎回25分のレッスンを受けていました。

僕は帰国子女でもなければ、学生時代から英会話が得意だったわけでは決してありません。

むしろ、

リスニングは致命的な程苦手

スピーキングはそれに輪をかけて苦手で、もはや絶望的

といった感じで、インプット中心の日本の英語教育の亡霊」のような存在でした。

そんな僕が、DMM英会話でコツコツとレッスンを続けていくうちにどう変わったかをお話していきます。

英語で話すことに対する羞恥心がなくなった

僕をはじめ、多くの日本人は最初から「完璧な英語」を自分に課してしまいがちです。そのため、現実とのギャップを目の当たりにし、「完璧でない自分の英語は恥ずかしいものだ」と思い込むようになり、しまいには英語で話すことに抵抗を感じてしまいます。

しかし、日本で生まれ育ったのに完璧な英語など話せるはずはありませんし、完璧に話せるようになる必要もありません

完璧じゃなくても、伝えたい気持ちが言葉に乗っていれば、僕達の英語は外国人の人に十分伝わります。

DMM英会話を通してそのことに気づきました。

そして、自分の英語に対する羞恥心がなくなった時、僕は日本語で会話するのと同じような感覚で英会話ができるようになっていました。

文法や単語力というのが大学受験においては最重要でしたが、英会話に最も必要な事は

恥じらいを捨てて、会話を楽しむこと

なので、何でもいいからとにかく英語で話してみること。
日本人にとってはこれが一番の英語上達の近道です。対面の授業とは違い、モニターを通して向かい合うと、不思議と羞恥心も薄れます。

間違えることを気にせず、堂々と英語を話せるようになりますよ。

仕事でも十分活かせる英会話力

その後、海外学会でも何度か発表をする機会に恵まれました。

当初の僕なら、「英語が喋れないのに海外の学会に行くなんて絶対に無理だ」とやる前から諦めていましたが、オンライン英会話をやっていたおかげで臆せず挑戦することができました。

プレゼンテーションも全て英語で行い、英語での質疑応答にも対応することができました。

「相手の言っていること、全部は聞き取れなくても部分的に理解できていれば、身振り手振りも交えて話せばコミュニケーションはなんとかなる。

それをDMM英会話で学んでいたから成し得たことだと思います。

今では、普段たま〜に病院にやってくる外国人の患者さんとも、英語で十分コミュニケーションを取ることが出来ます

まとめ DMM英会話でコスパよく世界を広げよう

ここまで読んでくれたあなた、英会話に対する当初のイメージはどう変わりましたか?

「はじめは諦めていたけど、なんだか自分にも出来そうだ。やっぱり、英会話レッスンを受けてみたい。」

という気持ちを少しでも持っていただけていればそれは、

今の自分を変えるチャンスです。

是非、DMM英会話の無料体験レッスンを受けてみることをオススメします。

記事を読んだ結果、「やっぱり自分には必要ないな」とおもったら、それもまた正解だと思います。

本当に必要になった時に、この記事のことを思い出してもらえたら嬉しいです。

英会話は「自分にとって、必要と感じた時が始め時」です!

今日はここまでです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

無料体験レッスンはこちらのリンクから

医師のブログランキングに参加しています。よかったらクリックして行ってください☆

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました