【体験談】医師求人サイト『民間医局』が初心者ハイポ医の職場探しにおすすめな4つの理由

医師の仕事

どうも〜、おそポテです♪

医師の過酷な労働条件や度重なる増税によって、労働力搾取とは無縁に賢く生きる「ハイポ医」の道に進む方が増えてきました。

若い間は将来のために必要なスキルや専門医を取得するためにハイパーな環境に身を置いておくべきだという方も、いずれはライフワークバランスを重視して仕事以外の人生も充実させたいと考えておられる方が多いのではないでしょうか。

今回は、ハイポ医を志す医師が最初に登録すべき求人サイトとして『民間医局』をおすすめする理由について書いてみました。

 

 

Writer

Dr. おそうじポテト(おそポテ)

 

経歴

一般家庭に生まれ育ち、

ストレートで国立大学医学部へ

現在内科医10年目

キャッチコピー

医師の目線で見た「本当に良いモノ」

このブログを読んでくれる方へ

僕の実体験を交えつつ、世の中の商品やサービスを紹介しています。

生きづらい世の中、少しでも賢く快適に生きるための「ヒント」をお届けできればと思います♪

言葉のおさらい

「ハイポ」とは英語の接頭辞の「hypo-」のことで「低い」を意味します。
つまり「ハイポ医」は「あまり活動性の高くない医師」、「ハイポ病院」は「あまり忙しくない病院」というニュアンスになります。

低賃金・重労働といった労働力搾取によって医師が疲弊しつつある昨今、仕事のために頑張り過ぎずライフ・ワーク・バランスを重視する「ハイポ」という生き方が脚光を浴びつつあります。

僕は30代の内科医です。初期研修医のときからハイパー病院に就職し、ハイパー医として経験を積んできました。後期研修を終えて数年が経つまでは毎日遅くまで病院に残り、土日祝も回診を行い、たまのフリーな日には学会発表や論文執筆を行うなど、医師として大きく成長するための仕事をするばかりで、家族サービスや長期の旅行といった仕事以外の人生を豊かにするための活動は全くしていませんでした。その結果、医師としては十分な経験とスキルを身につけることはできました。

しかし、結婚して子供が産まれてから、自分や自分以外の家族の今後の人生について考える機会が増え、仕事以外の人生を充実させたいと思うようになりました。一念発起してハイパー病院から脱出し、そこまで忙しくない病院に就職しました。

平日の勤務後や土日祝に時間ができたので、バイトを始めることにしました。しかし、大学卒業以来ハイパー病院に勤務してきた僕は医師バイトなどしたことがなく、ましてや求人サイトに登録してバイトを探すという概念すらありませんでした。

そんなときに初めて出会った医師求人サイトが『民間医局』というサイトでした。

ハイポ医の道は人生を豊かにするための有用な選択肢ですが、特に初心者の方々は求人サイトを通して職を探すことに慣れておらず、サイトに個人情報を登録すること自体に抵抗がある方も多いと思います。

そこで、今回は「民間医局は初心者ハイポ医でも安心して登録できる医師求人サイトである」という記事を書くことにしました。

この記事を読んで頂きたい方
ハイパーな環境からの脱出した初心者ハイポ医の方

将来はハイポ医として生きていきたい!

でも世の中には病院がたくさんあって、どんな病院に就職すればいいのか迷ってしまう。

求人サイトを通してよく事情を知っているエージェントの人に、自分のニーズに合った病院を探してもらうのが間違いないと聞いたことはあるけれど、求人サイトも沢山あってどれを選べばいいのかわからない。

情報の多さ故に、決断に迷ってしまう・・・。

そんな悩みはありませんか?

今回御紹介する『民間医局』という求人サイトは、そんな悩みを抱える初心者ハイポ医の方々にこそうってつけのサイトです。

僕自身、初心者の頃に民間医局に登録して、すごく満足度の高い案件を紹介してもらうことができたので、そのメリットをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

『民間医局』が初心者ハイポ医の職場探しにおすすめな4つの理由

『民間医局』とは?

『民間医局』はこんな組織。

  • 1997年創業の、医師キャリアコンサルティングのパイオニア。
  • 東証一部上場のクリーク・アンド・リバーグループです。
  • 全国に16拠点を展開しており、全国各地の好条件&非公開案件が豊富。
  • 常勤転職に限らず、非常勤アルバイトでも専任のエージェントがサポート。
  • 医師向けのセミナーを開催するなど転職以外のサービスも展開。
  • 医学生向けに研修先マッチングイベント「レジナビフェア」を開催している。
  • 医師の情報誌「ドクターズマガジン」を刊行している。

20年以上、多くの医師に選ばれている求人サイトの老舗といったところでしょうか。
サイトの名前自体はあまり聞いたことがない、という人も初期研修先を選ぶ際に「レジナビ」にお世話になったという方も多いはずです(特に若手のドクター)。

民間医局HP

いまや『大学医局』と対をなす一般名詞としても使われつつある信頼性の高いサイトです。

『民間医局』体験談

公式HPでは転職やバイト探しの成功体験談を読むことができます。体験談の一部を抜粋してみました。

常勤編

医師転職(常勤)の成功事例①
民間医局公式HP

この方は、少し僕と似ています。大学卒業後からハイパーに生きてキャリアを重ねてきたが、家族との時間を大切にしたいとの思いから転職を決心しています。
将来の開業も見据えた職場を紹介してもらうことができるのも、大手の求人サイトの魅力ですね。

医師転職(常勤)の成功事例②
民間医局公式HP

この方も、麻酔科医としてキャリアを重ねた後転職しています。給与の交渉などは自分自身ではスムーズに行いにくいですが、専門家とも言えるエージェントが仲介にはいってくれるので安心ですね。

医師転職(常勤)の成功事例③
民間医局公式HP

子育てなどの事情にもしっかりと寄り添ってくれるようです。
大学医局を離れることは、医師にとって不安材料の一つですが、しっかりとバックアップしてくれるエージェントがいてくれると心強いですね。

定期非常勤・スポットバイト編

定期非常勤・スポットアルバイトの成功事例①
民間医局公式HP

この方は、初めての求人サイトに民間医局を選んでいます。
紹介してもらったアルバイトがきっかけとなり、将来の選択肢が広がる事例もあるようです。

定期非常勤・スポットアルバイトの成功事例②
民間医局公式HP

案件を紹介してさようなら、ではなく勤務後のアフターケアもしてくれます。
このように、定期非常勤であっても担当エージェントの手厚いサポートが受けられるのも、大手の求人サイトの魅力です。

『民間医局』のメリット

僕も実際に『民間医局』に登録して、定期非常勤とスポットバイトを紹介してもらったことがあります。

使ってみて感じたメリットは主に4つあります。

  1. とにかく案件の数が豊富
  2. エージェントの方が親しみやすく、医師求人に精通している
  3. スポットバイトの検索が使いやすい
  4. 急な欠勤にも対応してもらえる

順に解説していきます。

とにかく案件の数が豊富

大手求人サイトだけあって、案件がとにかく豊富です。
2021年7月現在、契約医療機関は約13,000施設あります。

しかも、毎日最新の案件にアップデートされていきます。

僕はスポットバイトを探すときは、希望の条件をあらかじめ登録しておいて、勤務の空き時間など暇なときにこまめに検索するようにしています。

現在、民間医局の年間成約件数は50,000件の実績があり、下のグラフのように年々増加しています。

民間医局公式HP

エージェントの方々は地域の医療機関を訪問し、医師求人はもちろん経営課題などの相談に乗っているようです。長年にわたって相談している医療機関が多く、「民間医局だけ」という非公開求人も数多く存在します

案件の母数が多いため、僕たちの希望条件に合う求人が見つかる可能性はかなり高いと言えるでしょう。

エージェントの方が親しみやすく、医師求人に精通している

民間医局に登録し、常勤先や定期非常勤についての希望条件を入力すると、担当エージェントが決まり面談の場を設けてくれます。

面談・・・?

なんだかめんどくさそう。仕事で忙しいのにそんな時間とれないよ・・・。

僕も最初こんな風に思っていました。

しかし、エージェントの方のメールは非常に丁寧で押し付けがましさもなく、その不安はすぐに解消されました。
こちらが忙しい医師であることも重々理解してくれているので、僕たちの空き時間を伝えるときっちりとその時間にあわせて訪問してくれます。

僕は常勤先に来てもらいましたが、勤務先にバレるのが嫌だと言う人は院外でも大丈夫です。

実際の応対もとても親切で、こちらの現在の状況を理解した上で希望する条件を丁寧に聞いてくれます。
そして、上記の豊富な案件の中からぴったりの求人を教えてくれるのです。

実際に働きたい職場が決まり、その旨を伝えたあとの対応も迅速でした。
すぐに先方の医療機関に連絡してくださり、まずは体験勤務のセッティングをしてくれました。

僕の場合は月2回の当直でしたが、トライアル勤務として1ヶ月勤務してからその後続けるかどうか判断して良いというものでした。
職場の雰囲気を見てから決めることができたので安心して続ける決意をすることができました。

また、常勤先の勤務の都合で、求人に記載されていた時間よりも少し早く勤務を終える必要があったのですが、その旨を伝えるとしっかりと交渉してくれました。

その結果、勤務時間が30分短くなったにもかかわらず、給与はそのままという素晴らしい条件で勤務することができました。

このとき、民間医局のエージェントの方の提案力と交渉力に感心し、信頼できる会社であることを実感しました。

スポットバイトの検索が使いやすい

数週間後の土日などの予定が急遽なくなって、スポットバイトの予定を入れたくなる時があります。

そんな時も民間医局の検索システムを使うと、驚くほど簡単に求人案件を探すことが出来ます。

希望する日をカレンダーから選択。

希望する診療科を入力。

希望する勤務地、勤務条件、こだわり条件を選択。

たったこれだけです。

5分あれば、希望する条件にあった案件一覧を閲覧することが出来ます

気軽に行きたいスポットバイトですが、案件検索が面倒だと行く気がなくなってしまいます。
便利な検索システムがあり、気軽に検索できるのは非常に大きなメリットです。

急な欠勤にも対応してもらえる

求人サイトを通してバイトを探す大きなメリットです。
不慮の事態がおこってバイトを休まなければいけない状況というのは意外と多いです。

求人サイトを通していれば、不慮の事態で欠勤することになった場合、担当エージェントに連絡をすることになります。
あまりにも直前すぎる欠勤でなければ、サイトを使ったり、顧客リストを使って、急遽勤務可能な医師を探してくれます。

登録医師数が多いため、大人数の中から探すことができるので、代わってくれる人も見つかりやすく安心です。

『民間医局』のデメリット

上記にお伝えしてきたように、『民間医局』は大手求人サイトで初心者ハイポ医におすすめできます。

一方で、デメリットもあるので注意が必要です。

『民間医局』のデメリットは下記の3つです。

  1. 登録医師数が多い
  2. 求人案内のメールが定期的に送られてくる
  3. エージェントの質にバラつきがある

順に解説していきます。

登録医師数が多い

大手であるがゆえにそれが仇となる場合があります。

給料がよく、負担の少ない案件、いわゆる「おいしい案件」というのは登録医師の多くが注目しています。

案件数が豊富なので「おいしい案件」が出回る確率が高いのですが、それを待ち構えている医師も多いのでこまめに求人を見ていないと先を越されてしまう可能性があります。

それを防ぐためには、ある程度長く『民間医局』を利用し、担当エージェントの人と仲良くなりましょう。
そうすれば、サイトに掲載される前に「おいしい案件」の情報を教えてもらえるかもしれません。

求人案内のメールが定期的に送られてくる

勤務条件の希望を登録すると、それに関連した求人の案内が定期的にメールで送られてきます。

ありがたいことではあるのですが、特に仕事を求めていないときにメールがくると少し鬱陶しく感じるのも事実です。

メールフォルダを分ける、もしくは求人サイト登録専用のメールアカウントを作成するなどして対応するのがベターです。

どうしてもメールを受信したくない場合は、そういう設定にすることもできるので安心してください。

エージェントの質にバラつきがある

幸い、僕の担当エージェントの方はとても感じの良い方で、民間医局のエージェントはサービスの質に定評があるのですが、「レスポンスが遅い」「提示してくる案件が微妙に希望とずれている」など、エージェントの対応に対する苦言もたまに耳にします。

我慢することも時には必要ですが、我慢しすぎた故にイマイチな案件に手を出してしまっては元も子もありません。

どうしてもストレスに感じるときは、「お問い合わせフォーム」から担当者変更を申し出ることが可能です。

まとめ:『民間医局』は初心者ハイポ医でも安心して登録できる医師求人サイト

『民間医局』は「20年以上の歴史があり、掲載案件が豊富でエージェントのサポートも手厚い安心と信頼の医師求人サイトです。」

ハイポ医としての道を進みはじめ、まずは職(常勤、定期非常勤、もしくはスポットバイト)を探したいという初心者の方には特におすすめです。

登録は無料で、案件の紹介料や年会費も発生しません。

満足度の高い求人にきっと出会えると思います。

暇なときにいろいろ案件を検索するだけでも面白いですよ♪笑

10分で登録可能です:

【民間医局】の医師求人情報

『民間医局』は求人サービス以外のサービスも充実しています♪

『民間医局』以外のおすすめ求人サイト:

医師のブログランキングに参加しています。よかったらクリックして行ってください☆

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました