【現役医師監修】ハイポ医におすすめする『民間医局』の4つのサービス

医師の仕事

どうも〜、おそポテです♪

前回の記事で、ハイポ医を志す医師が最初に登録すべき求人サイトとして『民間医局』をおすすめする理由について書きました。
主に常勤先、定期非常勤、スポットバイトを探す上での使いやすさについてご紹介しています。

仕事を探す上で、『民間医局』は安心と信頼の求人サイトですが、実はそれ以外にも様々な魅力があります。
医師のハイポな生活の強い味方になってくれるサービスが沢山あるので、今回はそれらについて見ていきたいと思います。

 

 

Writer

Dr. おそうじポテト(おそポテ)

 

経歴

一般家庭に生まれ育ち、

ストレートで国立大学医学部へ

現在内科医10年目

キャッチコピー

医師の目線で見た「本当に良いモノ」

このブログを読んでくれる方へ

僕の実体験を交えつつ、世の中の商品やサービスを紹介しています。

生きづらい世の中、少しでも賢く快適に生きるための「ヒント」をお届けできればと思います♪

言葉のおさらい

「ハイポ」とは英語の接頭辞の「hypo-」のことで「低い」を意味します。
つまり「ハイポ医」は「あまり活動性の高くない医師」、「ハイポ病院」は「あまり忙しくない病院」というニュアンスになります。

低賃金・重労働といった労働力搾取によって医師が疲弊しつつある昨今、仕事のために頑張り過ぎずライフ・ワーク・バランスを重視する「ハイポ」という生き方が脚光を浴びつつあります。

僕は30代の内科医です。初期研修医のときからハイパー病院に就職し、ハイパー医として経験を積んできました。
しかし、結婚と子供の誕生を機にハイポな生き方に興味を持ち、ハイパー病院から退職してそこまで忙しくない病院に就職しました。

空き時間が多く出来たので、その時間を効率的に利用するために医師求人サイト『民間医局』に登録し、定期非常勤、スポットバイトを探すようになりました。
その結果、満足度の高い案件に巡りあうことができ、いまでは『民間医局』を通して仕事を探すのが日課になっています。

そんな頼れる『民間医局』ですが、僕が長らく利用していて感じたのは、

『民間医局』には求人サイトとして以外にもさまざまな魅力的なサービスが充実しているということです。

この記事を読んで頂きたい方
ハイポ医としての道を進みはじめ、医師賠償保険や福利厚生といった仕事を取り巻く環境を充実させたい方

ハイポ医として生きていくことに決めた。

常勤先や非常勤先は大体の目星がついたけど、

保険や福利厚生を充実させておきたいな。

お得なサービスを提供してくれるサイトはないだろうか?

スポンサーリンク

【現役医師監修】ハイポ医におすすめする『民間医局』の4つのサービス

『民間医局』とは?

『民間医局』はこんな組織。

  • 1997年創業の、医師キャリアコンサルティングのパイオニア。
    東証一部上場のクリーク・アンド・リバーグループです。
  • 全国に16拠点を展開しており、全国各地の好条件&非公開案件が豊富。

20年以上、多くの医師に選ばれている老舗求人サイトです。

いまや『大学医局』と対をなす一般名詞としても使われつつある信頼性の高いサイトです。

その規模の大きさから、求人紹介以外にも様々なサービスを展開しています。

民間医局HP

『民間医局』の魅力的なサービス

『民間医局』が運営する、ハイポ医におすすめのサービスは以下の4つです。

  1. 医師賠償責任保険
  2. 書籍などの割引購入
  3. 充実の福利厚生
  4. ドクターズマガジン無料購読

順に解説していきます。

医師賠償責任保険

ハイポ医として働くのであれば、賠償責任保険への加入は必須です。
どんなにリスクの少ない業務でも、医療には万が一の事態が付きものです。

自分に過失がない場合でも訴訟に巻き込まれてしまうケースもあります。
そんなときに、病院が100%守ってくれるとは限りません。正確には、病院が医師を100%守りきれるとは限らないのです。

賠償額の大きさによっては、病院が払いきれず当該医師に負担を迫られるケースもありますし、
当該医師自身が訴訟の対象になってしまうような場合もあります。

せっかくハイポな生き方を手に入れても、医療訴訟に巻き込まれて金銭面での負担を背負ってしまうのは大きなデメリットだな・・・。

自分だけでなく、家族にも迷惑がかかってしまう。。。

そんな不安を解消してくれるのが、医師賠償責任保険への加入です。

民間医局の医師賠償責任保険は、支払限度額が5000万円〜3億円まで幅広いプランがあり、
どの補償タイプを選んでも『民間医局』会員限定の団体割引20%OFFが適用されるため、個人契約よりも安い保険料で加入することができます。

僕は支払い限度額2億円のプランに加入しています。

保険料は47710円/年で、業界最安値水準になっています。
万が一のときに、2億円を支払う能力は僕にはありません。
ですので、「2億円分の安心を買う」という意味でこの保険料に納得しています。

弁護士報酬や訴訟費用も補償されているのも嬉しいポイントです。

詳細は以下の記事を参照してください。

登録から保険加入まで15分で可能です:

書籍などの割引購入

常勤先によっては病院が医学書代を負担してくれるところもありますが、そうでない場合自分で書籍代を支払う必要があります。
医学書は非常に高価で、アップデートのたびに新しく購入する必要もあるため、年間の書籍代って結構馬鹿にならないですよね。

民間医局に会員登録すると、医学書などの書籍やCD、DVDを特別価格で購入することができます。

医学書をまとめ買いすると、30,000円はすぐ超えてしまいます。
そんなとき12%もの割引を受けられるのは非常に嬉しいですね。配送料も無料です。

ハイポ医も日々医学の勉強は必要!

医学書を安く購入できるのはありがたいな♪

充実の福利厚生

民間医局会員であれば、旅行・子育て支援・介護・家事代行サービスなどの福利厚生サービス『メディ割』を優待価格や割引価格利用できます。

民間医局公式HP

また、ベビーシッター、託児所、家事サービスにも一部補助制度が適応されます。
子育て中の忙しい医師の方にとっては嬉しいサービスです。

驚くことに、『メディ割』を利用できる範囲は登録している医師本人だけでなく、配偶者と各々の2親等以内の親族です。

登録料・年会費無料でここまで幅広いサービスを受けられるのはとてもありがたいな♪

まさに、市民病院顔負けの充実した福利厚生ですね。
忙しい病院に勤務しなくても素晴らしいサービスが受けられます。

ドクターズマガジン無料購読

ドクターズマガジンは、ドクターの素顔や人生観の紹介、病院や医局の情報、クリニカルパールズ、医療過誤判例集など医療に関連するさまざまな情報の提供を通して、ドクターの将来および日本の医療の将来のあり方について読者とともに考える情報誌です。

民間医局公式HP
民間医局公式HP

ハイポに生きていると、医療界全体のトレンドに疎くなってしまいがちです。

ドクターズマガジンは、医師にとって有用な最新の情報を常に提供してくれます。
自分の生き方を振り返る良いきっかけにもなります。

通常は1冊500円(税込)ですが、民間医局会員には毎月無料で届けてくれます。

まとめ:『民間医局』はハイポ医の生活を充実させてくれる強い味方になる!

『民間医局』は「20年以上の歴史があり、掲載案件が豊富でエージェントのサポートも手厚い安心と信頼の医師求人サイト」であるだけでなく、
求人以外のサービスも非常に充実しています

僕たち医師のニーズに寄り添ったサービス展開は、さすが大手サイトといったところです。

ハイポ医としての道を進みはじめ、医師賠償保険や福利厚生といった仕事を取り巻く環境を充実させたい方には特におすすめです。
また、今現在は転職を考えていないという医師の方も登録するだけでサービスを受けることができます。

登録は無料で、年会費も発生しません。

興味がある方は是非お試しあれ。

『民間医局』以外のおすすめ求人サイト:

医師のブログランキングに参加しています。よかったらクリックして行ってください☆

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました