【年収300万upも】初期研修修了後すぐ始められるおすすめバイト3選

医師の仕事

どうも〜、おそポテです♪

ライフワークバランスを重視して仕事以外の人生も充実させる「ハイポ」という生き方に注目しています。

 

 

Writer

Dr. おそうじポテト(おそポテ)

 

経歴

一般家庭に生まれ育ち、

ストレートで国立大学医学部へ

現在内科医10年目

キャッチコピー

医師の目線で見た「本当に良いモノ」

このブログを読んでくれる方へ

僕の実体験を交えつつ、世の中の商品やサービスを紹介しています。

生きづらい世の中、少しでも賢く快適に生きるための「ヒント」をお届けできればと思います♪

言葉のおさらい

「ハイポ」とは英語の接頭辞の「hypo-」のことで「低い」を意味します。

つまり「ハイポ医」は「あまり活動性の高くない医師」、「ハイポ病院」は「あまり忙しくない病院」というニュアンスになります。

低賃金・重労働といった労働力搾取によって医師が疲弊しつつある昨今、仕事のために頑張り過ぎずライフ・ワーク・バランスを重視する「ハイポ」という生き方が脚光を浴びつつあります。

僕は30代の内科医です。
結婚や子供の誕生を機に、自分や自分以外の家族の今後の人生について考える機会が増え、仕事以外の人生を充実させたいと思うようになりました。

現在ではそこまで忙しくない環境に身を置いたことで平日の勤務後や土日祝に時間ができたので、バイトに勤しんでいます。

ある程度経験を積んだ状態で望んでいるので、特にバイト中に不自由を感じることはありませんが、

いまになって思えば、若い独身時代にもっとバイトを頑張っていてもよかったかな、とも思います。

そこで今回は、初期研修終了してすぐにでもできるバイトについて考えてみました。

この記事を読んで頂きたい方
バイト収入で稼ぎたい若手医師の方

初期研修が終わると給料も上がるし楽しみだ。

どうせなら常勤先以外からも収入を得て、さらに生活を充実させたい。

しかし、研修医を終えたばかりの自分にもできるバイトなんてあるのだろうか?

医師のバイトって、専門知識が必要であったりある程度リスクもあるので、若いうちは難しいのではないかというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

初期研修修了直後からでも始められるバイトもあるので、今回はそれらについて紹介します。

スポンサーリンク

初期研修修了後すぐ始められるおすすめバイト3選

初期研修修了時といえば、

救急であればプライマリ・ケアがそつなくできるくらい。

心電図、胸部レントゲンの読影ができるくらい。

静脈ルート確保や採血は問題なくできるくらい。

でしょうか。
ハイパー病院で症例数をたくさんこなしてきた人であれば、気管挿管、中心静脈ルート、心エコーや腹部エコーにもそれなりに自信があるという人もいるかもしれませんね。

ですが、一通りの手技を満遍なく経験したとはいえ、あらゆる症例に安全に対応するのはまだ難しい時期だと思います。

そのため、初期研修修了時点でできるバイトの条件としては

  • 専門性を必要としないこと
  • 比較的リスクが低いこと

が必須といえるでしょう。

その条件を満たすバイトは以下の3つです。

  1. 寝当直
  2. 健診
  3. 美容

詳しく見ていきましょう。

寝当直

実は、僕も初期研修修了して間もない頃にバイトをしたことがあります。

それが寝当直でした。

その時は、平日の19時から翌朝8時までで50000円でした

たまーに鎮痛剤の処方などで起こされることはありましたが、ほとんどコール無しで夜はぐっすり眠れました。
初期研修時の常勤先での当直は死ぬほど忙しく、夜も満足に寝れず1回1万ちょいだったことを考えると破格に感じました。

当時は独身で、家で寝るのも外勤先で寝るのも変わらないなと思っていたこともあって、

寝ているだけで給料が発生するのは非常にお得感がありました(もちろん有事の際には正確かつ誠実な対応が求められますが。)

稼いだバイト代で当時憧れていたロレックスの腕時計を買いました。いまでも愛用しています。
最初はドキドキしましたが、研修医を卒業したばかりの自分でも十分太刀打ちできることがわかって安心したことを覚えています。

健診

次に健診バイトです。自分が健診を受けたことがある方ばかりだと思うのでイメージしやすいのではないでしょうか。

業務内容は一般的な問診、レントゲン読影、心電図読影などが多いです。

病院と違いほとんどの方が健常人なので、頭を悩ませる所見に巡り合う可能性は低いです。

呼吸器内科や循環器内科に進む人を除いて、初期研修修了後は実は最も読影スキルが高い時期です。
初期研修医にとって、レントゲンや心電図の読み方は最初に習いますし、研修医の間でも培うことのできる知識やスキルが多いからです。

残念なことに、キャリアを重ねるごとに読影技術は衰えていきます。
どうしてもCTなどの他の高度な検査に頼ることが増えてくるためです。

逆に言えば、初期研修修了後というのは最も健診バイトに適した時期ということができるでしょう。
午前だけであれば3〜4万程度、終日やれば6万〜7万くらいは稼げます。

美容

美容バイトのありがたいところは、医師として生きてきたキャリアと無関係にできるという点です。

美容外科以外の科に進む医師にとって、美容に関する医療知識はバイトでもしないかぎり一生得ることはないと言っても過言ではないでしょう。

逆に言うと、20年目の医師でも、3年目の医師でも、はじめてやる人であればスタート地点はほぼ同じです。
保険外診療で儲けているクリニックが多く、時間単価が高いのも魅力です。

しかし、若い方をターゲットとしていることが多いので、サラリーマンやOLの方が仕事終わりに来院できる時間帯の勤務が多いことが難点ではあります。休日等を利用して行う場合は自由な時間が短くなってしまうことに注意が必要です。

普段の自分の業務とはかけはなれた内容だと思いますので、リフレッシュになって良いかもしれません。
話のタネにもなります。

まとめ:初期研修修了後からバイトを始めて、余裕のある資産形成を!

初期研修修了直後の若手医師でも安心してできるバイトについて紹介してきました。

常勤先でのスキルアップや知識を深めるための勉強ももちろん重要ですが、バイトの副収入はあなたの暮らしをより充実させてくれるでしょう。1回5〜6万のバイトを週1回やるだけでも200〜300万の収入アップにつながります。今流行の株式投資なども併用すれば、将来お金のために働くことなく、自分の好きな仕事をしながら心にゆとりのある人生を送ることができるでしょう。

結婚して家族ができると、バイトに行きたくてもなかなか時間がとれないことが多々あります。
若いうちから副収入を得る生活、ぜひ検討してみてください。

バイト探しにおすすめの求人サイトについては、過去記事を参照してください。

複数サイトに登録することで、良い案件に巡り会える可能性がアップします。

医師のブログランキングに参加しています。よかったらクリックして行ってください☆

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました