【現役医師体験談】ハイパー医がハイポ医になるべきタイミング4選『本音で語ってみた』

医師の仕事

どうも〜、おそポテです♪

僕は30代の現役内科医です。

初期研修医の時から地域で第一線を張る急性期病院に勤務し、「ハイパー医」として生きてきました。
そんな僕も歳を重ね、自分のライフスタイルの変化とともに今後の仕事との向き合い方について考える機会が増えています。

現在は、仕事のために頑張り過ぎることなくライフ・ワーク・バランスを重視する「ハイポ」という生き方に注目しています。

 

 

Writer

Dr. おそうじポテト(おそポテ)

 

経歴

一般家庭に生まれ育ち、

ストレートで国立大学医学部へ

現在内科医10年目

キャッチコピー

医師の目線で見た「本当に良いモノ」

このブログを読んでくれる方へ

僕の実体験を交えつつ、世の中の商品やサービスを紹介しています。

生きづらい世の中、少しでも賢く快適に生きるための「ヒント」をお届けできればと思います♪

言葉のおさらい

「ハイポ」とは英語の接頭辞の「hypo-」のことで「低い」を意味します。
つまり「ハイポ医」は「あまり活動性の高くない医師」、「ハイポ病院」は「あまり忙しくない病院」というニュアンスになります。

低賃金・重労働といった労働力搾取によって医師が疲弊しつつある昨今、仕事のために頑張り過ぎずライフ・ワーク・バランスを重視する「ハイポ」という生き方が脚光を浴びつつあります。

長い医師生活の中で、医師としての自分の立場が初期研修医➟後期研修医➟医員➟副医長➟医長➟副部長➟部長のように変化していくのと同じように、
人生においても結婚、出産、離婚・・・などを通してライフスタイルは常に変化していくものです。

医師になった頃、高い理想を掲げてたとえ忙しくても給料が安くても自分の経験や患者さんの利益のために頑張って働くと決意した人も、
歳を重ねるにつれて少しずつ考え方が変わってきていませんか?

研修医の頃から医療の道をまっすぐに走ってきた。多くの経験を積むことができたし、たくさんの患者さんに感謝してもらえた。
医師以外の道では得られなかった幸福であり、それらは一生の財産だ。
しかし、自分の医師人生このままで本当にいいのだろうか?
仕事以外に頑張るべきこともあるのではないか?

↑のような自問自答を繰り返している方もおられるのではないでしょうか。

この記事では、「仕事第一に突き進んできたハイパー医が仕事以外の人生を優先するハイポ医にシフトチェンジするのはどういったタイミングがベストか?」について考えてみました。

自分のハイパー医としての人生に疑問を感じ始めた医師の方に是非読んでいただけたらと思います。
逆に、どこまでのハイパーで突き進む決心をしている方やすでにハイポに生きている方にはあまり役に立たない記事かと思います。

スポンサーリンク

ハイパー医がハイポ医になるべきタイミング4選

僕自身は当初から医師としてしっかり経験を積んで医療に貢献したいという思いがありハイパーに生きてきました。
月に何度も当直に入り、土日は当然のように病棟回診へ行く、平日の帰宅時間が夜遅くになるのは言わずもがなで寝ている間も病院から呼び出されるといった感じでした。
しかし、最近では子供の成長とともに家族と過ごす時間をもっと重視したいと思うようになり、徐々にハイポな生き方へとシフトしています。


実際、僕のように考え方が変わる医師は多いと思います。
しかし、ハイパー➟ハイポにシフトする際には適切なタイミングというものがあります。
タイミングを誤るとあまり意味のない変化になってしまうので注意が必要です。

ハイパー医がハイポ医になるべきタイミングは主に以下の4つです。

  1. 家族が増えた時
  2. 十分に経験が積めたと感じた時(スキル獲得や専門医取得など)
  3. 忙しさから距離を取りたくなった時
  4. 趣味など他に優先したいことができた時

順に詳しく見ていきましょう。

家族が増えた時

結婚した時、子供が生まれた時、というのは医師が人生の舵をきる大きな分岐ポイントです。
家族を持ったその瞬間から、あなたの人生はあなた一人のものではありません。仕事から帰ってからの時間や休日は家族のために費やす機会が多くなるはずです。

特に子供が生まれた時。
食費やおむつ代、将来的には教育費などのためにお金を稼がなければいけないのはもちろん、父親あるいは母親として子供のそばによりそってあげる必要があります。
子供の成長というのは本当に早く、ついこの間までハイハイも満足にできない赤ん坊だったはずなのに、気がついたら家の中を走り回っています。瞬く間に幼稚園➟小学校➟中学校➟・・・のように過ぎ、あっというまに大人になってしまいます。

我が子の成長にリアルタイムで立ち会える瞬間は、二度と返ってくることはありません。


その瞬間を配偶者と一緒に見守るか、仕事に追われて見逃してしまうか、あなたならどちらを選びますか?

僕には子供が二人いますが、上の子が生まれた時、僕は超ハイパー病院にどっぷり漬かっていました。
子供の成長を見守るのは楽しみであったことは言わずもがなですが、平日・休日を問わず毎日職場に行くのが当たり前の生活でした。

しかしある時、僕が仕事をしている間に、子供が信じられないほど成長していることに気がつきました。
僕の子供がスーパーベイビーだったからではありません。仕事に追われるあまり、子供のことを気にかける余裕をすっかり無くしてしまっていたからです。

このままでは大切な我が子の成長を見逃してしまう・・・。


そう感じた僕は、ハイパー病院から脱出することにしました。初めてハイパー➟ハイポへと舵を切った瞬間でした。
今でも完全なハイポ医とまでは言えませんが、あの頃ほどの忙しさはなく家族と過ごせる時間が増えて満足しています。

このように、家族が増えたタイミング(特に子供が生まれたタイミング)というのは、ハイポへのシフトを考慮すべき重要なタイミングなのです。

十分に経験が積めたと感じた時(スキル獲得や専門医取得など)

以前の記事で、ハイポ医になるデメリットについてお伝えしました。

そのなかで、「ハイポ➟ハイパーへのシフトチェンジは茨の道である」という事をお話しています。

ハイポ医になったはいいものの、やはりもっとあの手技のスキルを上達させておけばよかった・・・。

○○専門医を取得してから大学医局を辞めればよかった・・・。

↑のようにハイポになってから後悔しても、なかなか元のハイパーな道に戻ることが難しいというのが実情です(100%不可能とまでは言いませんが。)

ハイポ医になってから、手技のスキルが高い人や、専門医を持っている人は勤務先やバイトを探す上で有利に働くことがあります。
その分野の責任者として雇ってもらえる可能性もあります。

ですので、ハイパーからハイポへシフトしたいけれど、あと一歩で手技が習熟できたり専門医が取得できそうな状況であれば、それまでハイパー病院で頑張ることをおすすめします。

焦らずともハイポ病院は逃げたりしません、むしろあなたが医師として大きく成長してから訪れてくれるのを待っています。

逆に、長年の修練によって専門分野における手技をある程度マスターし、めぼしい専門医もあらかた取得した状態になっているのであれば、自信を持ってハイポの道に進むことができるでしょう。

忙しさから距離を取りたくなった時

多忙さが苦痛に感じ始めたときも、ハイポへ舵をとるべきタイミングの一つです。

ハイパー病院ではとくに周りにやる気に満ち溢れた医師が多く、サービス残業は当たり前でやりがいのために身を粉にして働くことに対して何の疑念も抱いていない医師が多数を占めます。そのような環境にいると、自然と自分もその精神が根付き、忙しいことをそこまで苦痛に感じずに働くことが出来ます。

しかし、ひとたび医療トラブルに巻き込まれたりや身体の不調に見舞われるとそのような崇高な精神が一変してしまうことがあります。

こんなに自分を犠牲にして働いて、一体何のために頑張っているのだろう・・・。

周りはそんなことで悩んでいる様子はないし、自分は医師に向いていないのだろうか?

正直、もう疲れてしまったな・・・。

そのように感じ始めたら、自分自身がSOSを出しているサインです。

ハイパー病院ではやりがいのために自己を犠牲にして働いている人が多いですが、医師全体を見るとそのような人が大多数というわけでは決してありません。
あなたの感情は決してマイノリティではなく、むしろ人として正常なストレスへの反応なのです。

そんなときは、思い切ってハイパー病院から抜け出す決意をするのも一つです。
働く環境一つで、僕達のメンタリティやパフォーマンスは劇的に向上するということが珍しくありません。

ただし、前述のようにハイパー➟ハイポにシフトすると、元の道に戻ることは簡単ではありません。


今抱えている精神の不調が、身体の不調(たとえば風邪など。)や別の精神の不調(たとえば失恋など。)に起因したものでないかどうかはしっかり確かめる必要があります。一時的なものであれば焦ってハイパー病院を退職する必要がありませんので、もう少し様子をみて考えてみましょう。

趣味など他に優先したいことができた時

子供の成長と同じで、自分の若い時間というのも二度と返ってくることはありません。
仕事をバリバリ頑張るのは若い時しかできませんが、趣味など仕事以外の事も若い時の方がはかどることが多いです。

特に、婚活などはその代表例でしょう。
自分の人生の伴侶としてふさわしいパートナーを探すのは、若い頃の方が有利です(歳を重ねてから最高のパートナーに出会う方も沢山おられるので一概には言えませんが・・・)。

婚活以外にも、スポーツや娯楽、投資活動など、若くて脳が柔軟なうちに楽しんでおくべきことが世の中には沢山あります。

もしあなたが、仕事以外で熱中できそうな事を見つけたら、ハイパーな生活から抜け出してみるのも選択肢としてはアリかもしれません。

「ライフ・ワーク・バランス」がこれからの時代のキーワードになるでしょう。

まとめ:満足度の高いシフトチェンジはタイミングが全て!

「仕事第一に突き進んできたハイパー医が仕事以外の人生を優先するハイポ医にシフトチェンジするのはどういったタイミングがベストか?」について見てきました。

やはり、自分の人生における転換点を意識したシフトチェンジが重要ですね。
意味や目的が曖昧なままハイポ医になってしまうと後戻りできずに後悔する可能性もあるので注意しましょう。

人生を充実するためのシフトチェンジであることがしっかり自分の中で納得できていれば、何も迷うことはありません。
ライフワークバランスを重視して豊かな人生を送りましょう!

求人サイトを通した職の探し方については過去記事を参照してください。

医師のブログランキングに参加しています。よかったらクリックして行ってください☆

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました